バイナリーオプションの休日


初心者でも行いやすい外国通貨取引

sdf9ii 近年浸透してきたバイナリーオプションは、英語で「Binary Option」と表記され、通貨ペアや株価など、市場にある取引可能な銘柄のレートが、その時点よりも高くなるか安くなるか、ということを予想する投資商品のことを指します。初心者でも行いやすい外国通貨取引のひとつとして広まってきました。

この取引ですが、簡単にいうとトランプの「ハイアンドロー」というゲームの理念と同じ考えです。このトランプが、通貨になったものがバイナリーオプションです。例えば現在の相場が、1ドル100円だと仮定します。このドルの10分後の相場が100円より高くなるか低くなるかを当てる投資のことを言います。

基本的にはこのような簡単な原理ですので、株やFXは難しくてよくわからず手が付けにくいという方でも、比較的はじめやすいといった方が多いようです。

次にポイントとなるのが、この「相場」とはなにかということです。日本のお金だけであれば、「100円は100円で、いつまでたっても変わらない価値」のものですが、外国の通貨が絡んでくるとその相対的な価値は変わってきます。お金の価値に対する信用度などの要因がからんでいるからです。

例えば、昨日100円で買うことができた食料品が、後日訪れると100円では買えなかった、または100円でおつりが来た、なんてこともあると思います。これはその食料品の価値が変化したからですね。この食料品を、外国の通貨に置き換えることができます。

つまり、様々な条件により円に対するドルなどの外国通貨の価値は常に変動しており、これが一定期間の間にどう動くかということをシンプルに二択問題で予測するのがバイナリーオプションということになるのです。

主婦やサラリーマンの副業としても利用されているようですが、始める方にとって気になるのは失敗したときのリスクですよね。

為替変動を予測する取り引きの中で有名なFXと比べると、リスクの上限があらかじめ決まっているという特徴があります。この取り引きにおけるリスクとは、投資金そのものです。掛け金以上の損をすることは絶対にあり得ません。一方FXではロスカットをしなければ損失額が膨大になる可能性もあるので、この点で安心感が全く違うのです。。

また、金額面では100円程度から行えるものもありますし、取り引き時間も最短の場合では5分ほどと短時間で結果が出るものもあるなど、長期的な時間を取られない点がメリットとして挙げられます。

まずはお小遣い程度のちょっとした額から始めてみて、慣れてきたら少しずつ増額していくのも良いでしょう。それぞれ皆さんのスタイルに合わせた取引方法を見つけてみてください。

テクニカル分析

どんな情報もいち早く入手できるプロの投資家と相場の世界で対等に戦おうと思ったら、私のようなそのへんにいる小さい資金を運用している個人投資家にはテクニカル分析を使いこなすのが必須だと思います。

私はFXをするときに移動平均線やその他のインジケーターを掛け合わせた分析方法を使っているから、高性能になったといえどもスマホで取引することはまだ躊躇しているのです。

それなりの根拠を持って相場に挑まないとFXで生き残っていくのは不可能だということは明白ですし、後悔しないためにも分析はきちんとしておくことが私のモットーです。

関連記事
必読

参考になるリンク
通貨ペア

サイトについて
規約
サイト管理人